動物・猛暑警報!

急変・突然死にご注意ください。

言葉の喋れない動物たちです。倒れるまで体調の変化に気づかれないケースもあります。
特に夏場、以下の動物たちは、危険!要注意です!

●小型犬・子犬・子猫
体が小さい為に、外気温が伝わりやすく、高体温になると急死することがあります。
●ウサギ・小動物(ハムスター・モルモットなど)・小鳥など
体が小さい上に、体調の変化がわかりにくく、急死しやすい動物たちです。
●高齢の動物・慢性病のある動物
高温により体調が崩れると、潜在的に持っているいろいろな病気が悪化して、急変することがあります。
●呼吸器病のある動物・心臓病の動物
高温により、肺や心臓へ負担がかかり、急変することがあります。呼吸や心臓の機能が停止すると急死します。

《注意しましょう》

◎動物と外出した後、体調に変化がないか、呼吸や舌の色などをよく観察してください。 ペットホテルなどへの行き帰りも、十分な注意が必要です。 いつもと違うと思ったら、早めに動物病院へ連絡してご相談ください。

 

◎夏場に動物と外出する時は、必ず水や濡れタオルを常備しましょう。 自動車に乗せる際は、温度計を車内に設置して、気温のチェックをしましょう。 タッパーなどに氷を入れるなどして携行することをおすすめします。 (×車のエンジンを止めて、動物を車内に残してしまうと、熱中症により死亡することがありますので、絶対に避けましょう。×)

◎昼間のアスファルトは、高温になりますので、犬の散歩は避けましょう。 (外出しなくてはならない場合は、犬に靴を履かせるなど、工夫しましょう。 靴は脱げやすいので、足のサイズを正確に計測してから購入してください。)

◎院内に、保冷剤をご用意していますので、必要な方は、スタッフまでお問合わせください。